水道工事の行い方、修理の依頼を行うには

水道工事の行い方、修理の依頼を行うには 水道工事と聞くと、どんなことを思い浮かべる人が多いでしょう。新築の家に入る場合は、すでに施工が行われているのでほとんど気にしない部分かもしれません。しばらく住んでいる家なら、何かの修理をする必要がある場合があります。配水管も当然消耗品ですので、時々修理やメンテナンスが必要です。業者に依頼することもありますし、簡単な部分なら自分で修理したことがあるという人もいるのではないでしょうか。
トラブルがないとほとんど知らない分野ですが、何かある前に知識があると落ち着いて対処できます。どんな施工内容があるのか、どんな業者を選べばよいかチェックします。そして簡単な処置を自分で行う方法も考えます。

■施工の種類

家の中で使われる水には、上下水道があります。上水道を利用するための管を施工するため給水管引込工事と、屋内配管工事があります。給水管が道路に埋設されていますが、この給水管から家の敷地に水道を引き込みます。そこから家の中に配管する施工を行います。蛇口から水が出るようにしていきます。下水道も同じように市町村で決められている排水設備工事があります。
一般的に家の中で起こる排水管 水漏れは、屋内配管の施工を行ってくれた業者が修理できます。

■施工ができる業者を選ぶ
水道工事は、専門性の高い分野です。それぞれの市町村で決まっている上下水道の都市条例に従う必要もあります。そのため、水道局指定工事店という制度があります。給水装置工事を適正に行うことができる、という認定店なので安心できます。
この認可を受けているところには、給水装置工事主任技術者や下水道排水設備工事責任技術者と呼ばれる、現場の監督や施工完了のチェックができる技術スタッフが常駐しています。給水装置の施工を熟知しているだけではなく、それぞれの市町村でクリアしなければならない条件もよくわかっているため、安心して依頼できます。
スタッフの知識があると、排水管 水漏れがあった場合も適切な対処ができます。また見えない部分の施工がしっかり行われていると、安心感があります。施工前に市役所のホームページなどで、どういった業者が施工できるか見ておくと良いです。その業者が開設しているホームページがあれば、それも見ておきます。施工実例や、よくある質問といったページには、疑問に思いがちな点を分かりやすく解説しているところもあります。

■簡単なチェックを自分でする

業者に修理を依頼する前に、どんな症状が出ているのかを自分でチェックすることができます。どこから水漏れが起こっているのか、まずそれを確認します。修理に時間がかかるようなら、元栓をしめるなどして応急処置を行います。
よくあるのは、蛇口付近からの水漏れです。毎日使うこのような部分は消耗品なので、使用して10年以上たっているならトラブルが発生することもあります。蛇口のどの部分から水漏れが起こっているか確かめます。パッキンの消耗やバルブのゆるみという問題かもしれません。簡単な部品交換で解決することもあります。
修理より本体交換が必要な場合もあります。どんな蛇口があるのか、自宅のものと交換可能なメーカーやタイプを調べることも大切です。取り付けされている接続部をよく見て確認します。

■まとめ
施工ができる業者は限られています。ほとんどの場合、市町村のホームページや、電話帳といった公共の情報に公開されています。水道局指定工事店である旨を明記されている業者を選びます。業者のホームページからさらに詳しい情報を見ておくこともできます。
水漏れが家の中で起こってもあせらず、まず確認です。どこから水漏れが発生したか、元栓をしめた方が良いか判断します。修理の前に、自分で確認してその情報を業者に伝えます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース