水道工事で蛇口を交換する

家の中で起こる水道工事で、よく経験するのは蛇口付近のトラブルではないでしょうか。ポタポタ水が漏れている、配管のあたりから水がじわっとしみ出ている、という事例が多いです。気づきにくい細かな水漏れを見逃さないように注意します。どんな蛇口のタイプかをチェックして、交換できるものをリサーチすることも大切です。

■種類について知っておく

蛇口を交換するにしても、修理するにしてもどんな種類か確認する必要があります。まず、取り付けられている場所を見てみましょう。壁に穴をあけて設置しているものの中には、大きくわけて単水栓と混合水栓があります。一つの排水から水とお湯が出てくるのが混合水栓、水だけの蛇口が単水栓です。
キッチンや洗面台といったところは、天板やステンレスのプレートに蛇口がついている形状のものが多いです。これらは種類によってワンホールかツーホールに分類されます。例えば、水栓取り付け穴が1つのものがワンホール、二つあればツーホールです。
基本的なタイプのもの、様々な機能がついているものもあるため、取り付け口が合うかどうか事前にチェックします。

■情報を集め修理する

蛇口のタイプが分かったら、業者に修理を。自宅のものの取り付け口に合うものを選びます。本体自体を交換せず修理できる場合もあります。部品が生産されているなら、在庫があるかどうか確認してもらうことができます。
蛇口を10年以上使っているなら、交換も視野に入れて相談しましょう。メーカーのカタログやホームページは役立つのでまず見ておきます。もちろん、実物を展示しているところで、実際に触ることもできます。

■まとめ
水道工事で蛇口付近のトラブルがあった場合、すぐ交換するのではなく様子を確認します。部品交換だけでも大丈夫か、それとも本体から交換した方がよいのか観察します。蛇口のタイプが同じものなら交換できるため、取り付け口のタイプを見ておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ