水道工事の配管について知ろう

水道工事にはどのような方法があるのでしょうか。配管についてよく理解しておくと、突然トラブルが起こったときも落ち着いて処置ができます。水漏れ、水詰まりが発生したときにどうすればよいかも合わせて考えておくと良いです。

■配管の工事の種類

水道施工には、給水管引込工事と、屋内配管工事と呼ばれる2種類があります。家の中で水道が使えるようにするために必要な施工で、2つを合わせて給水装置工事といいます。給水管引込は、道路の中に設置されている水道管から、家に水を引き込むときに行い、新築の家を建てる時に行われます。
屋内配管工事は、家の中の施工のことを指します。水道メーターから配管を設置し、蛇口から水が出るように施工します。どの業者がどの施工を行ってくれるのか、確認しておくと安心です。

■配管のトラブルが起こったら

家の中で、水を使っていて起こるトラブルにはどのようなことがあるのでしょうか。水漏れや水詰まりといった問題が多く発生することが多いです。知らないうちに水があふれていた、ということもあります。まず業者に連絡しますが、配管の中で起こっていることは実際に見えないので、どんなトラブルか分かりにくいものです。どの場所や部分から問題が発生しているかよく見てチェックします。
業者が来る前に、水道の元栓をしめておくなどして、被害が広がらないようにしておく必要があります。次に業者から見積もりをもらいます。急いでいるので言い値で修理を依頼してしまいがちですが、費用がどこまで含まれているかきちんと確認します。

■まとめ
家の中で起こるトラブルのほとんどは、屋内配管工事の修理で解決できます。どこからどんなトラブルが起こっているか、落ち着いて確認ていきましょう。給水管の水漏れであれば、水道の元栓をしめることで応急処置になります。なるべく複数の業者から見積もりを取り選択するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ