水道工事を行うための資格

水道工事は専門的な知識と経験が必要な分野です。水道局指定工事店に依頼しますが、その中でもきちんとした技術で施工してくれるスタッフばかりだと安心です。たくさんの資格がありますが、代表的なものは何でしょうか。施工店選びは、国家資格を有しているのはもちろんですが、水道 評判がよい施工店を探すことが大切です。

■水道工事に必要な資格

まず、専任の技術者職として給水装置工事主任技術者があります。給水装置の技術面全般の指導や監督が含まれる国家資格です。きちんとした施工が推進されるよう現場立ち合いをしたり、完成時のチェックを行ったりします。3年以上の実務経験が必要なので施工店に就職し、そののちに資格を取るという人がほとんどです。
同じく下水道排水設備工事責任技術者という技術職もあります。排水施工も市町村の条例に従い、登録認可された施工店でないと行うことができません。そのため、この資格を取得した主任が現場を監督する必要があります。

■評判の良い施工店とは

各種の資格を取得したスタッフがいるところを探し、施工を依頼するようにしましょう。試験のためにしっかりと勉強し、基礎知識を持っていることも大切ですが、現場できちんと経験を積み、良い判断ができるスタッフがいると安心です。
会社で定期的に安全教育や、工事に役立つ研修を受けているところも多いです。施工が完了し適正にチェックをしてくれる会社、その後何かトラブルが発生した場合でも、メンテナンスを請け負ってくれるところを選びます。

■まとめ
給水装置工事主任技術者は水道施工になくてはならない資格です。下水道排水設備工事責任技術者もあり、どちらも指定工事店として活動するために不可欠なものです。
現場で丁寧に施工してくれる業者を選びます。必要な資格を取得していて、施工を安心して任せられる会社を選択します。責任ある施工をしてくれる会社は工事後のアフターサービスも行ってくれることでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ